03−6338−0537

©2019 by CRUMB WORKS

HUNGRY The Muncher

"HUNGRY"はオーストラリア、シドニー発のハンドメイドバッグブランドです。

ブランド創設者の"Harry"は"Crust Bikes Australia"と親交深く、
"Harry"自身もCRUSTに乗り、ハードにアドベンチャーライドを楽しむバイクパッカーでもあります。

過酷な環境で使われる自転車やバッグは勿論タフな物でなければ話になりません。
実際に体験してみないと分からない事や新たな発見もあります。
"Harry"はアドベンチャーライドの経験、ノウハウを活かし
そこで培った経験を自身のバッグに落とし込みます。

「使いたい物を自分で作るのが好き、それに誰かが共感してくれると最高に幸福を感じる」

そう語る"Harry"のバッグはとても思考の凝ったデザインとギミックをしています。
彼のバッグを手に取るとバッグに対しての情熱が伝わってきます。


"The Muncher"

一見、何の変哲も無いシンプルなステムバッグに見えますが、
そこには"Harry"のアイデアとこだわりが詰め込んであります。

まず注目すべきは"HUNGRY"独自の"CYBERIAN CORDLOCKS"機構(特許申請)
通常のステムバッグは片手でロックを解除しコードを引っ張って開け閉めしますが、
"HUNGRY"の"CYBERIAN CORDLOCKS"機構はそんな煩わしい動作が必要ありません。

イエローのコードを引いて解放し、ブラックのコードを引いて閉じる。

黄か黒のコードを引っ張るだけでOK。
こんなシンプルで無駄の無い機構ありますか?僕はちょっと感動しました。
つまり"The Muncher"は乗りながら開け閉めが出来て飲み食いが出来ちゃう欲張りなバッグ。

そしてバッグの容量はなんと1.7ℓ!!

耳を疑いたくなるような容量ですが実際かなり入ります。
コーラの1.5ℓがすっぽり入っちゃうサイズ感。500mℓに見えてしまいますね・・・
ボディに芯材が入っていないのでそれだけゆとりがある作り。
それでいて横幅はまだ余裕があるので1.7ℓという数字に偽りは無いのでしょう。

"The Muncher"= むしゃむしゃと食べる人

言葉の通りこの"The Muncher"があれば食べ物や飲み物をむしゃむしゃ食べても大丈夫。
食いしん坊も大満足なステムバッグです。

高さ:22cm
横幅:10〜12cm
Made in Sydney

※付属のベルクロでステムとハンドルに固定して下さい。
※ロットによってタグや細かい作りに変更がある場合がございます。ご了承下さい。
※欠品商品や非在庫商品についてはバックオーダーもお受け致します。
お気軽にお問合わせ下さい。

 

    ¥7,800価格
    Color