• CRUMBWORKS

BIKECHECK:NISHIKI Pueblo Mixte "1990"






お久しぶりにバイクチェック更新。

近頃、作業が溜まってしまって紹介が遅くなってしまいました。。


"NISHIKI"のイケてるミキストフレームを持ち込み頂き組み付けさせて頂きました。

パーツチョイスと色合わせがセンス溢れてますね。とても素敵です。






ハンドル周りはこんな感じ。

"Riv Bike"感ある渋いハンドル周りが今時っぽい。

それをこの"NISHIKI"でやっちゃう辺りがわかってらっしゃる。。。


また"CAMP AND GO SLOW"のバーテープが抜群に似合いますね。雰囲気最高。

現在はコロナの影響もあって生産が結構遅れちゃってるみたい。

次回入荷はまだ未定。分かり次第インスタで報告します。





ダイナモライトをインストール。


今回の組み付けのコンセプトとしては「コストを抑えながらもカッコ良く」

との事でフロントハブとダイナモライトはコストパフォーマンスを重視して選びました。


ハブはシマノの"Nexus"をチョイス。

シーリング構造が優れていて雨にも強く気兼ね無く使える。

価格も6000円くらいでとても良心的。日常で使うコミューターには丁度良い。


ダイナモライトは"busch+muller"の"IQ-XS"をチョイス。

"busch+muller"独自の"IQ2-technology"は広い照射角で広範囲を照らす事ができる優秀なライト。照度も70ルクスと高く街灯が無いところでも安心。

スタイリッシュなデザインも素敵。流石のドイツブランド。

この見た目と機能で14000円ならかなりコスパ良いですね。






"GRAVELKING SK"の26"モデルは個人的にかなり名作だと思います。

2.1"で気持ち太めのサイズ感が丁度良い。

オールドフレームとの相性も良い。

街乗りでも使えるしグラベルを走るにも最適。

これ履いてあげるだけでどこでも行けちゃうのは本当優秀。

見た目もかっこいいから言うこと無し。





足回り。。。めちゃくちゃカッコイイですね。


"SLX"と"Wolftooth"のハイスペックなギア周りに対して

"Shimano 600 Arabesque"のクランクが渋すぎる。

絶妙なアンバランス。。。幽遊白書のEDくらいアンバランス。名曲。


いわゆるネオクラシックと言われたりする組み合わせ。

僕ら的には大好物。推していきたいスタイル。

クラシックな雰囲気を活かしつつ今と変わらない機能性が得られます。






Frame:NISHIKI Pueblo Mixte "1990"

Hedset:VeloOrange

Handle:Nitto x Bluelug

Shifter:Shimano SLX

Grip:ESI

Seat Post:Nitto 65

Saddle:BROOKS B17 Flyer

Brake:Paul Component Motolite V-Brake

Crank:Shimano 600 Arabesque

Chainring:Wolftooth

Sprocket:Shimano SLX

R Derailer:Shimano SLX

Pedal:MKS BM-7

F Rim:ARAYA

F Hub:Shimano Nexus

R Rim:ARAYA

R Hub:Shimano

Tire:Panaracer GRAVELKING SK 26x2.1

Dynamo lights:busch+muller  IQ-XS

F Rack:Nitto M-18

Basket:Wald

Bag:Swift industries x CRUSTBIKES



配色がポップでとてもかわいいミキストMTBに仕上がりました。


ミキストMTBって良いですよね。

女性が乗ってたら間違いなくイケてる。あえて男性が乗ってもイケてる。


感度高い系の人たちの間ではミキストの波来てますね。

"CRUSTBIKES"もミキストフレーム作ってたりするのでアメリカの方でミキストは

もはやポピュラーな物となってきてる。


既存のメーカーで組むのも良いけどOLDMTBのミキストは人と被らないのが良いですね。

組み上がりもオンリーワンな仕上がりになってとても良い。


ミキストMTB。一台持っておきたいなぁ。。。



#KeitaMatumoto

#Nishiki #OLDMTB #BIKECHECK #26inchlifestyle #OldMtbCommuter #Mixte


03−6338−0537

©2019 by CRUMB WORKS