• CRUMBWORKS

BIKECHECK:RALEIGH USA CHILL BLUE 1991 x Clydesdale Fork








ムラのあるアルマイトカラーが独特な"RALEIGH USA CHILL BLUE"に"Clydesdale Fork"をインストール。


パープルカラーを差し色にした90年代OLDMTB感満載なカーゴバイクに仕上がりました。


いろいろとツッコミどころ満載な仕上がりなのでピックアップして紹介していきたいと思います。





フロントホイールにはインパクト抜群なバトンホイールをチョイス。


"ACS Stellar"というオールドBMX向けのプラバトンホイール。


正直、軽くは無いし転がりも良くは無いけど、重さに囚われずのんびり走るカーゴバイクには良いチョイスだと思います。

値段もお手頃で良いですね。普通にホイール組むよりも全然安く抑えられる。

チープでおもちゃっぽいところがかわいい。




カンチブレーキを使う時は一工夫必要な"Clydesdale Cargo Fork"な訳ですが、

今回は"TEKTRO"のパワーハンガーを使いました。


カンチブレーキを使う場合はアウター受けが必ず必要になってきます。


カーゴフォークの場合、ブレーキの真上にアウター受けを持ってくるのがちょっと難しい。

そんな時にこの"TEKTRO"のパワーハンガーがあるとスマートにワイヤーの取り回しが出来てめちゃ便利な訳ですが、このパーツがディスコン品。。。


今となってはレアパーツなパワーハンガーですが"CRUMB CYCLES"では少しだけ在庫してます。カーゴフォークのカンチ化を検討されてる方は是非。






あの頃感のある"KORE"のステムが渋い。。。

突き出し長めのステムにはコミューターバーを合わせてあげると今っぽい。

OLDMTB系ステムもこうしてあげると乗りやすくてちょうどいい。個性も出て良い。




シフターがまたマニアックですね。"Deore LX"の"ST-M580"をお持ち込み。


ブレーキとシフターが一体式になったMTB系のSTIレバーなんですが、

これはラピッドファイヤータイプと変速方法が少し違っていて、ブレーキレバーを内側に倒す事で変速する仕組みになっています。ロードのSTIレバーと似た動きですね。


これが2005年頃に出回っていたわけですが、あまり評判が良くなくて浸透せず。

残念ながらこのタイプのシフターは廃盤となってしまいました。


でも使ってみると意外と面白くて新鮮なんです。街乗りで使うなら何の不自由も無い。

意外と隠れファンが多いシフターです。




左のブレーキレバーはあえての"PAUL"

左右アシンメトリーな組み合わせだけど意外とありですね。

こういった型にとらわれないパーツチョイス素敵です。





リアディレイラーも"Deore LX"で"RD-M580"

一見、普通だけどこちらもまたマニアックな代物なんです。

"ローノーマル"と言ったタイプのリアディレイラーで通常と動き方が全く逆なんです。


一般的に広まっているリアディレイラーは"トップノーマル"と言ったタイプで

「ワイヤーを引っ張ることで軽いギアに変わる」って動きをしますが、


"ローノーマル"は真逆で「ワイヤーを緩めることで軽いギアに変わる」動き方をします。


まぁ、何が良いのかと言われると実際そんなに大差はありませんが。。。


山を走るMTBだとローギアへのシフト操作を良く使うのでワイヤーを引っ張る必要の無い

"ローノーマル"の方が変速トラブルも少なく良かったのだと思います。

でも実際はそんな大差はなかったから普及しなかったんだと思います。


闇歴史感のある"Deore LX M580"シリーズですがそこが逆に魅力的でもあります。




"CODA"のクランクと"WOLFTOOTH"の組み合わせが痺れるほどカッコイイ。USA万歳。


クランクはおなじみ"Cannondale"の"CODA"。その名も"Tarantula Crank"。

名前から既にカッコイイ。。。


"PCD94"なのでチェーンリングが悩ましいところですが、

"WOLFTOOTH"だと"PCD94"のナローワイドが出ているのでオールクランクも生かすことが出来ます。歯数がもう少し大きいのがあると嬉しいですが。

"WOLFTOOTH"に負けないくらい"CODA"の削り出しも作り綺麗ですね。







ところどころあしらわれたパープルパーツが素敵ですね。


このヘンテコなボトルケージは"JD COMPONENTS"と言うメーカーで

マウンテンバイクブーム全盛期にサスペンションステムとかを作ってたメーカー。

普通のボトルケージだけどユニークな作りで遊び心があって良いですよね。




Frame:RALEIGH USA CHILL BLUE "1991"

Fork:Clydesdale Cargo Fork

Stem:KORE USED

Handle:NITTO B352

Brake Lever:PAUL Love Lever

Shifter:Shimano Deore LX M580 USED

Grip:OURY

Seat Post:ROCKSHOX Suspension Seat Post USED

Saddle:SDG

Brake:PAUL

Crank:CODA Tarantula Crank USED

Chainring:Wolftooth PCD94 32t

Pedal:ODYSSEY TRIPLETRAP PEDAL

R Derailer:Shimano Deore LX M580 USED

Sproket:Shimano

F Wheel:ACS Stellar

R Wheel:Shimano Deore LX x SUNRINGLE

Tire:MAXXIS DTH



OLDMTB感満載なカーゴバイクに仕上がりました。

後ろにはチャイルドシートを取り付けてパパチャリとして活躍するようです。

こんなイケてるパパチャリが走ってたら二度見してしまいます。


"CODA"のクランクや"Deore LX"のコンポなどなど、今回のパーツはほとんどお客様からの持ち込み品です。


なのでパーツのお持ち込みはお気軽にどうぞ。

手持ちのパーツをなるべく活かし、使える物は使って

なるべくコストを抑えて自転車を楽しみたいですよね。


もちろん、互換性があるので自転車によっては合う合わない出てきます。

なので分からない事があればお気軽にご相談ください。


しかし、これはカッコ良く組めましたわ。。


#KeitaMatumoto

#RALEIGHUSA #CRUSTBIKES #ClydesdaleCargoFork

#OLDMTB #BIKECHECK #26inchlifestyle


03−6338−0537

©2019 by CRUMB WORKS