• CRUMBWORKS

I bought Romance

こんばんは。クラムワークスです。

桜の季節も終盤に差し掛かり、いよいよ春が本気。 むしろ春を飛び越えて夏の様な暖かさになってきました。

これだけ暖かくなってくるとアドベンチャー欲が一層増してきますね。 冒険に向けての準備が必要です。

と言う事で自身のアドベンチャーバイブスを更にぶち上げるフレームが到着。




アドベンチャーバイクシーンのカリスマ的存在”ULTRA ROMANCE”氏の シグネチャーモデル”Romanceur”が到着。

“ULTRA ROMANCE”とはなんぞ??...と言う方は以下の記事をどうぞ。

ULTRA ROMANCEと呼ばれる男

“Romanceur”は前回、バックオーダーでご注文頂き52サイズを仕入れさせて頂きました。本国に在庫があればお取り寄せ可能です。お気軽にご相談下さい。

クラシックとモダンが絶妙な加減で合わさったツーリングフレーム。 いつの間にか、その作りに惚れてしまっていたのかもしれません。。。

気づけば自分用に購入してしまいました。

今回はワンサイズ大きい55サイズが入荷。



1インチだからこそ出せる線の細さが美しい。 それと対照的にワイルドなタイヤクリアランス。

細く太いフレーム。

文字だけ見ると矛盾しているけれど、 その両者が見事に共存しているのが”Romanceur” 独特なフレームだけどその佇まいはとても美しい。


フレームのパイプは”REYNOLDS社”の”REYNOLDS853″を使用しています。 軽量でありながらも剛性が高く、踏めば踏むほど良く進む良質なパイプ。

タイヤのエアボリュームで振動を吸収出来るので、その分フレームの剛性を上げることが出来る。 ツーリングバイクながらもキビキビと走るフレームとなっています。



従来のランドナーよりも多くダボ穴が設置されているところも嬉しいですね。 それでいてフレームポンプが取付けられるのも渋いです。 最近のフレームでこの台座が付いてるのは稀でしょう。

リアブレーキはトップチューブへ中通し、ダイナモの配線もフォーク中通し。 組み上がりの美しさを配慮した作りにも好感が持てます。

「アドベンチャーバイク組みたいけど、どれもフレームがゴツすぎて…」

「やっぱりスレッドで組みたいけど、最近のフレームはアヘッドばかり…」

「昔のランドナーフレームが渋くて好きだけど、やっぱりディスクブレーキが良いなぁ…」

拘りが強く、でもやっぱり妥協したくない。 とことんマニアックな貴方を満足させる。

“Romanceur”は痒いところに手が届くフレームです。

#CrustBikes #Romanceur #ULTRAROMANCE

03−6338−0537

©2019 by CRUMB WORKS